がんの初期症状一覧〜ガン発病の小さなサインを見逃さない!

がんの初期症状を知って早期発見すればがんは怖くない!

スポンサードリンク
日本のがんによる死亡者数は年間約33万人で全死亡者数に占める割合は30パーセント以上だそうです。(2007年人口動態統計より)

つまり日本人の3人に一人ががんで亡くなっているということ!
また年間に約60万人が新たにがんを発症し300万人以上が治療を受けるとする推計もあり、
「私は大丈夫」はもはや通用しない時代です。

そもそもがんは身体の細胞が分裂するときにDNAに複製ミスが生じ、細胞が突然変異することで起こります。
この変異細胞は自滅することなくどんどん分裂を繰り返してがん化していきます。

この変異細胞は一日に5000個もできるといわれていますが、変異細胞がすべてがんの塊に育たないのは、私たちの身体には免疫機能が備わっていて、リンパ球などの免疫細胞が変異細胞を発見すると攻撃をしかけて殺してくれるからです。

がんの治癒には早期発見が最も重要です。

大きさが1〜2センチくらいの早期に発見できれば治癒率はかなり高くなります。
ですが1センチ未満のがんを発見するのは部位にもよりますがとても難しいのが現状です。

大腸がんや乳がんのばあい、1個の変異細胞が1センチの大きさになるまでにはガン細胞は約30回の細胞分裂を繰り返し、期間にすると約15年もかかるのに対して、この1センチのがんが2センチになるまでにはわずか3回の細胞分裂で1〜2年しかかからないのです!!

ですから定期的にがん検診を受けることはもちろんのこと、検診で異常がなかったからといって油断してはいけません。

がんの初期には自覚症状がないと思っている人が多いかもしれませんが、がんの初期症状にははっきりと自覚できる症状があります。

前ぶれの1つ目は「朝起きたときのだるさ」です。

2つ目は「食欲の低下」
好きだったものが嫌いになったり、脂っこいものが食べられなくなったりすることもあります。

3つ目は「37度前後の微熱が続く」ことです。

これらの症状はすべてのがんに共通して現れる症状ですので、気をつけてみてください。

他にもがんのある部位ごとに特徴的な自覚症状があります。

たとえばあごの片側だけがしびれるのは乳がん、背中が冷える場合は肺がん、げっぷがよく出るのは食道がん、といった具合です。

そこでこのサイトではがんの前ぶれ・ガンの初期症状を部位別に紹介してみました。


大腸がん、胃がん、食道がん、肺がん、すい臓がん、乳がんなどの初期症状を知って、ガン発病の小さなサインを見逃さないようにしましょう!

各がんのなりやすいタイプも合わせて紹介しています。



スポンサードリンク

胃がんの初期症状

スポンサードリンク
◎胃がんの初期症状(前ぶれ)
・食べたものが食道の下端につかえるような感じがする
・食後にみぞおちあたりに鈍痛や不快感が起こる
・みぞおちあたりに違和感、不快感
・慢性的に胃もたれ、胃の不快感、腹部の膨満感があり
・胃液の逆流が起こる
・悪臭を伴うげっぷがよく出る
・上腹部にしこりがある

★胃がんになりやすいタイプ
・漬物やたらこなどをよく食べる
・濃い味付けが好き
・タバコを吸う人
・ピロリ菌に感染している
・生野菜や果物をあまり食べない

胃がんの初期症状にひとつでも思い当たったら『郵送検診』をおすすめします。

▼自宅でできるがん検診「郵送検診」とは?

▼胃がんの郵送検診(ピロリ菌検査含)の詳細を見る▼


スポンサードリンク

大腸がんの初期症状

スポンサードリンク
◎大腸がんの初期症状(前ぶれ)
・便の周囲がうっすらと血で赤くなっていたり、便に血が混じっていたりする
(鮮血なら直腸がん、黒っぽいなら結腸がんの疑いがある)
・便秘と下痢を頻繁に繰り返す
・細い便、残便感、排便後すぐの便意
・貧血や貧血による立ちくらみがある(とくに男性の貧血は大腸がんの可能性大)
・食欲不振。腹部膨満感、下腹部痛

★大腸がんになりやすいタイプ
・タバコを吸う人
・運動不足の人
・肉をよく食べる
・お酒をよく飲む
・便秘がち
・太っている
・日にあまり当たらない


大腸がんの初期症状にひとつでも思い当たったら『郵送検診』をおすすめします。

▼自宅でできるがん検診「郵送検診」とは?

▼大腸がんの郵送検診の詳細を見る▼


スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。